いじめに向き合ったシングルマザーの体験記





親子 娘が中学生になった途端、「いじめ」を受けるようになりました。実際に「いじめ」に向きあった親が、これから向き合うかもしれない親御さんに対して、少なからず力になれればな、と思い書きました。


学校側と話し合いを続けている親である私が作成した【いじめ問題解決サイト】

・「いじめ」を早期に発見する方法
・そのための、親子の絆の作り方
・学校側の対応が拙い場合の対処法
・「いじめ」に合った我が子へのケア
・「いじめ」が発覚してからの、対処法
などなど。

実際に経験したことから学んだことを書いています。
お子さんの「いじめ」問題を一人で抱え込んでいる親御さんの、
少しでも力になれればと思っています。

このレポートを活用して、まず親子関係の作り方、
そして、「いじめ」に対する対処の仕方などいじめ問題を解決します!



娘が中学生に入った途端、いわれのない「いじめ」を受けるようになりました。
思春期で揺れ動く年頃の娘は、毎日毎日、一人で悩んでいたと思います。

思い余って担任に相談したらしいのですが、これがまた頼りのない担任で。
様子がおかしい娘に気づいた私は、娘から話を聞くことに成功。
そこから私達親子の「いじめ」に対する戦いが始まったのです。

「いじめ」問題は、テレビの中でのことかと、安易にかまえていました。
でも、ある日突然、唐突に起こるものなのです。

娘を守るために、いろいろ調べました。行動しました。
おかげで娘からは、絶大の信用を得ることができました。


親として、我が子がいじめられていたら、どう戦うべきか。
今悩んでいる親御さんがいらっしゃいましたら、ぜひご一読ください。
少しでも役立つことができればと思います。

■目的の情報が見つかりそうですか?

「いじめ」を早期に発見するには → 「いじめ」を早期発見するためには
親子の絆を深めるには → 子が話しやすい環境を作ってやる


 

もし、我が子がいじめにあったら項目一覧

TOPPAGE  TOP